信じたのは、目に見えない声でした

信じたのは、目に見えない声でした